フレッシュな春の姉崎大根の鬼おろしダレ

2024年1月下旬に収穫できる姉崎大根は、霜除け大根と春大根の切り替え時期にさしかかっています。生育環境は同じですが、品種が異なる事で、味わいや歯ごたえ葉っぱのフレッシュさが違います。
今回、ハピネスイチハラのイベントを盛り上げていただけるエンジン01への皆様へ、一番おススメの食べ方で味わっていただけるよう。
2024/1/26(金)五井グランドホテルでの会食では、お肉の付け合わせとして、春の姉崎大根を使った鬼おろしダレをご用意いたしました。

畑から収穫した大根を農家がそのまま1本1本手洗いすることで、大根の新鮮さを損なわないように仕込んだタレです。
歯ごたえと旬ならではの甘味が一番味わえる鬼おろしに、この時期の春大根だからこそ、薬を使わずとも綺麗な状態で育った大根の葉っぱも加えました。
このタレをお肉と食べる事で葉っぱの栄養素も効率的に得られる事も期待できます。

姉崎大根は、千葉県市原市の深城(姉崎地区)で生育に適した黒ボク土で育てます。
深くふわふわに耕した畑で、元気に育った大根も、12月~2月にかけては海風も届かず早朝には霜がおりる環境下で凍ってしまわないようにらないよう糖度を高めます。

霜除け春大根は、トンネルの中で育てる事で、品質を維持した状態で集荷するため市場でもブランド野菜として取引される人気の大根となりました。

一般的には、葉っぱは切り落として出荷されるので、市原市近辺でしか手に入らない、葉付きの大根をぜひとも味わってください。

※この記事は、姉崎蔬菜組合に属した「たねや泉水農園」が書いたものです。
姉崎大根はJA市原市と14軒の農家が属した姉崎蔬菜組合で生産するブランド野菜です。


ネットショップを閉鎖して代わりの注文フォーム作成しました

毎年、姉崎大根をご注文いただき、何度もお問い合わせくださったお客様には大変ご迷惑をおかけしました。

カラーミーショップでネット通販サイトを開設しておりましたが、ショップ利用料が容赦なく値上がりしてしまう点や、利用者はメディアでご紹介くださった時、一時的に増加しますが積極的にネット注文を受ける体制ではない都合上、維持費の削減と、発送の運賃値上がりによる注文が激減する可能性も含めて、無料で利用できるGoogleのフォーム入力を作成することにいたしました。

当ウェブサイトのメニューの「ネットショップ」を選択すると、新しいフォームが表示されるようになりました。

このフォームでは、仮注文になります。自動返信メールは届きません。
フォームに入力してくださった内容を確認した上でメールを返信させていただきますので、確認するまでお待ちくださいませ。

現在、農家の畑ごはん たねやキッチンカー、大根直売、ネット販売などは、ワンオペで行っており、メディア取材や、撮影等の都合や、イベント出店などによるスケジュール調整の都合上、ネット販売の送付にお時間をいただく場合については、都度、ご連絡させていただきます。

牛すじ農家カレーライス【たねやキッチンカーメニュー紹介】

牛すじ農家カレーライスは、1年を通して使われるメインの野菜が季節に応じて変化します。
大きく分けて、姉崎大根をメインとしているものか、姉崎ポテト(じゃがいも)&キャベツメインにしているものかでキッチンカーで使うのぼり旗も変更しています。
いずれの場合も無水調理ですが、キーマカレーのようにひき肉で作るのではなく、国産牛すじと、豚肩ロース、豚バラ肉の旨味を野菜の水分のみで10時間以上煮込んで作るこだわりのカレーです。

【農家牛すじ大根カレー】姉崎大根が収穫できる10月末~6月頃まで(左下旗)
【国産牛すじ農家カレー】姉崎ポテトが収穫できる7月~10月中旬まで(右下旗)

たねやキッチンの農家カレーはオリジナルで考案したレシピです。特徴は野菜たっぷり、24種類のスパイス、国産牛すじ、煮込み時間10時間以上です。
牛すじは、国産の牛すじを塊の状態で購入し、2度下茹でしますが、2度目は砂糖とお酒で柔らかくなるまで煮込むので大変手間がかかります。(※大量に作れない理由です)
また、スパイスも野菜との相性が良いものを選定しています。先にオリーブオイルで香りを出して、食材を炒める際に使うものと、煮込みはじめてから、後から追加して全体の香りを整えていくスパイスと2回、それぞれの工程で活かされるよう独自ブレンドしたものを使っています。また、肉の旨味と甘味を出すために、豚肩ロースと豚バラも入れています。
大根は、カリっシャリっとした歯ごたえも残せるように鬼おろしでも大粒になるものも加えて煮込んでいます。
お子様も食べれた!という驚く声も多いのですが、スパイスは脳にいい刺激を与え、甘味はカボチャや、サツマイモなどを蒸して加えているので、子供の敏感な味覚でも、自然の旨味を感じて食べられるのかもしれません。

半熟の揚げ目玉焼きは、販売日の当日の朝、作って冷蔵庫に入れておいたものを後乗せしているので、長時間持ち歩くなど温度管理ができない状態で食される事はおススメしておりません。お買い上げ後、早々に冷蔵庫に入れ、後でレンジで温めなおして食べるなど、ご注意いただくことを推奨しております。(※持ち歩き時間が長い場合は、卵無しでご注文ください)

※冬に国産牛すじが手に入らなくなった際のみ、豚肉のみの農家カレーや、豚モツ農家カレー、鶏肉を使った農家のグリーンカレーを提供することもございます。

牛すじを煮込んでいる写真@たねやキッチン

水のように鬼おろしの大根を入れながら煮込む画像@たねやキッチン
姉崎大根農家なので、大根は全て千葉県ブランドの姉崎大根を使っています。

農家カレーを半分農家カレーとして提供することもございます。
姉崎大根を地元の方を含め、カレーにしても美味しいと知っていただくために、ご要望で半分カレーを数量限定でご用意することもございます(※大根カレーは大変時間がかかるメニューのため、数か月前からご連絡いただき数などを調整して提供することがございます)

【なぜこのカレーを作ったか・・・】
姉崎大根大量廃棄と検索すると、無残な状態で畑に捨てられている大根畑の写真や、Youtube動画なども確認できます。

私が2015年に農家に嫁ぐ前から農業特別賞をとった大根として市場関係者の中では、知られていた姉崎大根は、同じ姉崎地区に住んでいたにもかかわらず、消費者である私も私の両親も全く知りませんでした。

そして、嫁いでから「こんなに美味しい大根があったんだ!すごい!」と感動しつつ、廃棄される畑を見ていられない。地元の人にも、もっと知ってもらえることはないか?
まずは、畑に放置されてしまうはねだし大根を畑の真ん中に野菜スタンドっぽいものを作って、無人販売をはじめました。

そのはねだし大根の販売は、想像以上に喜んでいただき、いつも売り切れるようになりました。

また2016年には、切干大根も手作りし、近隣の直売所にも「姉崎大根で作った切干大根」というシールを貼って、とにかく「姉崎大根?」「へぇ~こんな大根が地元にあるんだ」って思ってもらう活動をスタートしました。

これまで市場に出すのがメインだった「姉崎大根」は、スーパーだと銚子産の大根と区別がつかない「千葉県産大根」としか表示されない状態でした。
テレビ出演も大根の不作や、廃棄などのニュース取材を受ける事がメインでした。

私は、まずは新鮮な姉崎大根が手に入る!という状態も大事だと考え、私自身も認定農業者として登録し、葉付きの姉崎大根も直売所に出荷しはじめました。

それは、出荷場から出るのとは、もうひとランク新鮮さと状態の良いものを!というブランド価値を上げる為に1本1本手洗いにし、保存袋に入れる時にも水分が乾燥しないよう気を付けて・・・。

そして、「姉崎大根」というラベルを1枚ずつ貼る事で、他の大根とは違う。地元のブランド大根だという事を知ってもらえるように努力しました。

機械で洗えない、シールも貼らなきゃいけない。そういう一つ一つの工程で時間がかかるので、多くの量は出せませんが、少しずつ、ファンは増えてきて、大根料理などのテレビ出演などのオファーもいただくことが増えてきました。

大根は野菜です。美味しい!が一番の評価です。
料理番組の出演に関しては、どんなに忙しくても、がんばって時間を作って出演することを優先しました。
※時々、違うオファーも連絡がありますが、申し訳ないですが、メディアに出たいわけではないので、お断りしていることも多いです。

2023年「姉崎大根」という名前は市場関係者だけではなく、実際の消費者にも「ブランド名」としても少しずつ認識されるようになりました。

それでも、農家の未来は明るいどころか、厳しい現実しかありません。
大量廃棄のマイナスイメージだけではなく6次産業として活かしていき、大根を大量に使ったメニューを考案し、実際に大根料理がこんなに美味しいの!と思ってもらう活動の一つとしてキッチンカーを申請しました。

ITの仕事しかしていない私は、とにかくヲタくのように、季節による大根の変化や、他の食材との栄養面での食べ合わせ、脳から美味しさを感じられる味の作り方。
手間はかかっても、千葉県の、ご当地大根料理はコレ!と言われる名物にしたいと考え、その一つがこの農家大根カレーです。
※例えば、イブリガッコのように・・・。

もともと、カレー好きなので、独身時代は、都内の美味しいカレー屋さんのカレーを食べてきましたし、今でも外食でついカレーを食べてしまいます。

私の作るカレーは、どこか懐かしく、何度食べても飽きない、真似したくても同じ味はなかなか出せない、食物繊維たっぷりで、栄養も満点!
そんな自分が納得できるものを提供しています。
ぜひぜひ、姉崎大根農家が作る、農家大根カレーを食べて応援してくださいね!